会社の債務整理

中小企業向け債務整理(再建と清算)マニュアル

再建計画ジェネレータ

「私的整理に関するガイドライン」に準拠した再建計画案の作成補助ツール。一般的な再生計画作成にも適用可能。

【ご確認下さい】 注意事項 サイトマップ 運営者

スポンサード リンク

「私的整理に関するガイドライン」の検討

下記事項に全て当てはまりますか?
  1. 過剰債務を主因として経営困難な状況に陥っており、自力による再建が困難である。
  2. 事業価値があり(技術・ブランド・商圏・人材などの事業基盤があり、その事業に収益性や将来性がある)、重要な事業部門で営業利益を計上しているなど債権者の支援により再建の可能性がある。
  3. 会社更生法や民事再生法などの法的整理を申し立てることにより当該債務者の信用力が低下し、事業価値が著しく毀損されるなど、事業再建に支障が生じるおそれがある。
  4. 私的整理により再建するときは、破産的清算はもとより、会社更生法や民事再生法などの手続によるよりも多い回収を得られる見込みが確実であるなど、債権者にとっても経済的な合理性が期待できる。
  5. 債権放棄を受けるときは、支配株主の権利消滅や増減資を実施するなど、既存株主等の株主責任を明確化できる。
  6. 債権放棄を受けるときは、経営者の退任や私財提供等の経営責任を明確化できる。

STEP1 (データ入力)

債務者の基本情報 *サンプルを入力
商号
*クリア
(例) 株式会社債務超過
本店所在地
*クリア
(例) 東京都千代田区千代田1-1
代表取締役
*クリア
(例) 田中一郎
直近の決算期
*クリア
(例) 2018年3月31日
資本金額
*クリア
(例) 1000万円
売上高
*クリア
(例) 2億3000万円
自己資本
*クリア
(例) -2000万円
事業計画案開始年月日
*クリア
(例) 2020年4月1日
事業計画案終了年月日
*クリア
(例) 2023年3月31日

データを送信する

*オールクリア
スポンサード リンク
hatena

会社の債務整理 注意事項

▲ このページのトップへ ▲